☆東本願寺函館別院
どっしりとした瓦の大屋根が威厳あふれる浄土真宗大谷派の寺院。
大火の多い函館にあって、大正4年(1915)、防火のために全国で初めてコンクリートで造られた寺院として有名だ。設計は、明治期最大の木造寺院建築である京都の東本願寺大師堂を手がけた9代目伊藤平左衛門、施行管理には10代目平左衛門があたった。一見木造にに見える本堂の柱や梁にはコンクリートが、小屋根には鉄筋が使われ、附属の表門、南門、堀も全てコンクリート造りの構造となっている。

※使用されている写真の著作権は函館市観光協会に属します。
※写真の無断使用・複製・転載等は固くお断りします。

試される大地。
北海道イメージアップキャンペーン
北海道イメージアップキャンペーンを応援しています。
車椅子福祉車両(ウェルキャブ)を採用しております。車椅子
メールでの観光タクシーの予約お問合せは
牛さんへメールmoomoo-taxi@cbiz.co.jp牛さんへメール
函館観光施設案内 presented by 北海道函館 モーモータクシー
CopyRight(C) 2001- , [有限会社 北海道函館 moomoo-taxi (旧小川タクシー) & rals net] All rights reserved
Topページへ