☆カトリック元町教会
六角屋根の上に載った大きな風見鶏が目印の、荘厳な雰囲気の教会。明治9年(1876)に創建されたが、最初の建物は、火事で焼失し、明治43年(1910)にレンガ造りの建物として再建されたが、再び焼失してしまう。現在の建物は、大正13年(1924)焼け残ったレンガ造りの外壁に鉄筋コンクリートで補修して再建されたもので、高さ33mの大鐘楼はこのときに増築された。
内部見学も可能で、家事の見舞いとしてローマ法王ベネディクト15世から贈られた豪華な祭壇が見事。教会行事があるときは拝観不可なので、内部を見たい人は事前に確認を。

※使用されている写真の著作権は函館市観光協会に属します。
※写真の無断使用・複製・転載等は固くお断りします。

試される大地。
北海道イメージアップキャンペーン
北海道イメージアップキャンペーンを応援しています。
車椅子福祉車両(ウェルキャブ)を採用しております。車椅子
メールでの観光タクシーの予約お問合せは
牛さんへメールmoomoo-taxi@cbiz.co.jp牛さんへメール
函館観光施設案内 presented by 北海道函館 モーモータクシー
CopyRight(C) 2001- , [有限会社 北海道函館 moomoo-taxi (旧小川タクシー) & rals net] All rights reserved
Topページへ