☆高龍寺
函館山の北に位置する高龍寺は寛永10年(1633)、松前の法源寺の末寺として亀田地区に建立された由緒ある曹洞派の寺院。現在地に移転されたのは明治12年(1879)のことで、入母屋瓦葺きの屋根、総ケヤキ造りの本堂は明治33年(1900)、山門は明治44年(1911)の建築と、明治の函館の面影を見せる建築物が残されている。欄間など随所に施された精緻な彫刻が見るものを圧倒。またレンガ造りの防火塀も、繰り返し大火に見舞われた函館の歴史を示している。

※使用されている写真の著作権は函館市観光協会に属します。
※写真の無断使用・複製・転載等は固くお断りします。

試される大地。
北海道イメージアップキャンペーン
北海道イメージアップキャンペーンを応援しています。
車椅子福祉車両(ウェルキャブ)を採用しております。車椅子
メールでの観光タクシーの予約お問合せは
牛さんへメールmoomoo-taxi@cbiz.co.jp牛さんへメール
函館観光施設案内 presented by 北海道函館 モーモータクシー
CopyRight(C) 2001- , [有限会社 北海道函館 moomoo-taxi (旧小川タクシー) & rals net] All rights reserved
Topページへ