☆金森倉庫
洋物店、船具店、廻船業など数々の商業や公益事業で函館の発展に貢献をした現・金森商船の初代、渡邉熊四郎。その熊四郎がはじめて起こした倉庫業の足跡として今も残るのが金森倉庫だ。明治40年に建てられたこの倉庫は「赤レンガ」の愛称で多くの人に親しまれてきた。平成6年にその3分の1を利用してイベントホール、ミュージアム、ショッピングモール、レストラン、ビアホールを擁する一大観光施設、函館ヒストリープラザとしてグランドオープンしたが、残りの3分の2は、今もまだ現役の倉庫として使われていることは、意外に知られていないはず。
倉庫の中には、真中に通路があり、その両脇に物を入れる部屋がいくつも連なった造りになっている。昔はトラックで倉庫の中まで入ってきて、真ん中の通路から直接部屋に荷物を出し入れしたそう。

※使用されている写真の著作権は函館市観光協会に属します。
※写真の無断使用・複製・転載等は固くお断りします。

試される大地。
北海道イメージアップキャンペーン
北海道イメージアップキャンペーンを応援しています。
車椅子福祉車両(ウェルキャブ)を採用しております。車椅子
メールでの観光タクシーの予約お問合せは
牛さんへメールmoomoo-taxi@cbiz.co.jp牛さんへメール
函館観光施設案内 presented by 北海道函館 モーモータクシー
CopyRight(C) 2001- , [有限会社 北海道函館 moomoo-taxi (旧小川タクシー) & rals net] All rights reserved
Topページへ